みどころ

※巡回展の展示構成は、会場ごとに異なります。東京での開催時と同一ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※展示室の名称・内容・順序等が一部変更になる場合があります。
※展示原画には複製原画を含みます。(原画の保護のため、特にカラー原画について、複製原画での展示となる場合があります。)

※以下の内容は、2014年9月~10月、東京で開催された際の情報です。第5章の映画「ホットロード」連動インスタレーション、
第10章の「恋する屏風」立体展示は、巡回展での展示予定はありません。

第1章
マーガレット・別冊マーガレットの誕生

1963年『週刊マーガレット』、『別冊マーガレット』が誕生。少女文化の新たな担い手として、少女たちの夢と憧れを世に伝えはじめます。草創期には、ユーモア溢れるラブコメや、親子や姉妹の関係を鋭く描いたストーリー作品が数多く生まれました。『ガラスの城』(わたなべまさこ)、『白いトロイカ』(水野英子)、『おくさまは18歳』(本村三四子)、『マリィ・ルウ』(西谷祥子)などの原画をご覧いただきます。

また、後に他の雑誌で活躍し、少女まんが界を代表する方々もマーガレット・別冊マーガレットに確かな足跡を残しています。美内すずえ、和田慎二、一条ゆかりなどの貴重な原画をご紹介いたします。

原画展示作家
「ガラスの城」わたなべまさこ
「白いトロイカ」水野英子
「レモンとサクランボ」「マリイ・ルウ」西谷祥子
「おくさまは18歳」本村三四子
「美人はいかが?」忠津陽子
「知っていたくせに」「白い雪のように」木内千鶴子
「魔女メディア」美内すずえ
「銀色の髪の亜里沙」「超少女明日香」和田慎二
「こいきな奴らPart2」一条ゆかり
「嗚呼 花の新小岩3丁目」もりたじゅん
第2章
スポ根少女から、踊るヒロインまで ~汗、涙、美のドラマ~

©浦野千賀子

©山本鈴美香/集英社


この展示室では、少女まんがに描かれるスポーツ作品の変遷を見ることができます。必殺技や特訓などが描かれる「スポ根」の時代には、『アタックNo.1』(浦野千賀子)、『エースをねらえ!』(山本鈴美香)がマーガレット誌上で大人気を博します。その後80年代には、バレエやフィギュアスケートなどの競技が題材となり、「美」を追求する名作が生まれます。

全ての時代に共通するのは、ヒロインたちの揺れる心情の描写です。競技者としての挑戦する心と、一人の女性としての恋愛に揺れ動く心。まんが家たちの深い洞察によって描かれた名シーンの数々をご覧ください。

原画展示作家
「スマッシュをきめろ!」志賀公江
「アタックNo.1」浦野千賀子
「エースをねらえ!」山本鈴美香
「翔んでるルーキー!」湯沢直子
「愛のアランフェス」「ダンシング・ゼネレーション」
「N★Yバード」「白のファルーカ」槇村さとる
「光の伝説」麻生いずみ
「SWAN」有吉京子
第3章
戦慄から幻想へ~怪奇まんがの系譜~

©古賀新一

1960年代から70年代にかけて、少女まんが界で一大ブームを巻き起こした「怪奇まんが」。週刊マーガレットでは、古賀新一がその旗手として名を馳せます。後に、独自の進化を遂げ、ひとつのまんがジャンルを確立していくホラー作品の原点を見ることができます。

また、80年代以降には、SFファンタジーの要素を持ったサスペンス作品が登場。代表作ともいえる『悪魔は眠らない』(柿崎普美)もご紹介します。

原画展示作家
「白へび館」「のろいの顔がチチチとまた呼ぶ」
「まだらの毒ぐも」「血、血がほしい!」古賀新一
「赤い爪あと」菊川近子
「悪魔は眠らない」柿崎普美
第4章
ギャグ&コメディ、笑いの衝撃

©亜月裕

少女たちの記憶に残る作品は、美しく仕立て上げられた恋愛ストーリーだけではありません。読者の予想を超える展開で毎号特大のインパクトを残した「ギャグまんが」にも、忘れられない名作が揃います。『つる姫じゃ〜っ!』(土田よしこ)、『伊賀野カバ丸』(亜月裕)は、マーガレット・別冊マーガレットの表紙を何度も飾り、学校での話題を席捲した人気作でした。このほか、『エリート狂走曲』、『ボクの初体験』(ともに弓月光)や、愛らしいキャラクターが人気を博した『にゃんころりん』(ところはつえ)なども登場!誰もが笑顔になるコーナーです。

原画展示作家
「つる姫じゃ~っ!」土田よしこ
「あのねミミちゃん」「りんご日記」川崎苑子
「にゃんころりん」ところはつえ
「フーちゃん」いまいかおる
「伊賀野カバ丸」亜月裕
「ボクの初体験」「エリート狂走曲」弓月光
「ペルシャが好き!」青沼貴子
第5章
孤高の表現者・紡木たくの世界

©紡木たく/集英社

別冊マーガレットで連載され、80年代少女まんがの象徴となった『ホットロード』(紡木たく)。湘南を舞台に、家庭や学校に居場所をなくし、刹那的な青春を送る暴走族の少年少女達の物語は人々の胸を熱く揺さぶりました。イラスト、ストーリー、セリフ、キャラクターなど、「まんが」という表現の全てを通して、作者・紡木たくの感性が輝く瞬間を感じ取ることができます。多数の原画に加え、インスタレーションとして2014年8月の実写映画とも連動。

また、独特な山口弁のセリフで、純愛を続ける高校生の姿を綴り読者の共感を呼んだ『瞬きもせず』(紡木たく)も同時に展示。比類するものなき表現者・紡木たくの世界をご堪能ください。


原画展示作家
「ホットロード」「瞬きもせず」紡木たく
第6章
きらめく個性 ~少女まんがの多面体~

©宮城理子/集英社

50年間のマーガレット・別冊マーガレットのあゆみの中には、個性的なテーマや設定のもとで、登場キャラクターたちが生き生きと動き回る、躍動的な作品が多数生まれてきました。少女まんが=恋愛、というひとつの観点にとらわれずに、多角的に魅力のある作品に注目した展示室です。「語り継がれるヒューマンドラマ」「躍動するキャラクター」「忘れられない新感覚ストーリー」を小題に、各年代のバラエティに富んだ作品たちをご紹介します。『星くず』(大谷博子)、『まっすぐにいこう。』(きら)、『絶愛・BRONZE』(尾崎南)、『名探偵保健室のオバさん』(宮脇明子)、『メイちゃんの執事』(宮城理子)などを展示予定。

原画展示作家
「希林館通り」塩森恵子
「日曜日はげんき!!」沖倉利津子
「星くず」「由似へ…」大谷博子
「まっすぐにいこう。」きら
「名探偵保健室のオバさん」宮脇明子
「メイちゃんの執事」宮城理子
「スイッチガール!!」あいだ夏波
「俺物語!!」アルコ・河原和音
「Kissxxxx」楠本まき
「絶愛-1989-」「BRONZE」尾崎南
「リョウ」上田倫子
「お江戸はねむれない!-菊組天下御免-」本田恵子
「悪魔で候」高梨みつば
第7章
LOVE , LOVE , LOVE ~至極の恋愛コレクション~

©多田かおる/ミナトプロ・エムズ

少女まんがの王道というべき、切なく美しい恋愛作品。ヒロインの恋の行方をドキドキしながら応援するような物語づくりこそは、半世紀の時の流れの中でも決して変わらない、永遠の少女まんがのテーマです。優れた恋愛ストーリーの語り手として、別冊マーガレットに多数の名作を発表した、くらもちふさこ、いくえみ綾、多田かおるのほか、今なお、各まんが誌の第一線で執筆を続けるまんが家の原画が一挙登場します。一瞬で“あの頃”の想い出が甦るような珠玉のセリフや場面、モノローグの数々にひたり、ときめくことができる展示室です。是非ご期待ください!


原画展示作家
「ふたりの童話」岩館真理子
「おしゃべり階段」「いつもポケットにショパン」「東京のカサノバ」くらもちふさこ
「POPS」「I LOVE HER」「バラ色の明日」いくえみ綾
「ONE─愛になりたい─」宮川匡代
「愛してナイト」「イタズラなKiss」多田かおる
「降っても晴れても」藤村真理
「こっちむいてチュ」佐野未央子
「すっとんきょーな兄妹」斉藤倫
「ハツカレ」桃森ミヨシ
「パフェちっく!」ななじ眺
「ストロボ・エッジ」咲坂伊緒
第8章
池田理代子の華麗なる世界

©池田理代子プロダクション

少女まんが史に燦然と名を残す不朽の名作『ベルサイユのばら』(池田理代子)。世代や性別を超えて多くのファンに愛され続け、宝塚歌劇の舞台演目としても多くの人々を魅了してきました。史実に着想を得ながらも自由自在に展開するストーリーの絶妙さと、魅力溢れる全てのキャラクターの存在感。その作品性は他の追随を許さない高みにあるといっても過言ではありません。本展では、『オルフェウスの窓』、『おにいさまへ…』という名作の系譜にも注目。池田理代子が描き続ける、強く、儚く、華麗な世界をじっくりとご鑑賞いただきます。さらに、宝塚歌劇の舞台衣装も展示予定です。

また、連続する展示ホールでは史上初となる「オスカル&アンドレの等身大立像」がフォトスポットとして登場します!


原画展示作家
「ベルサイユのばら」「オルフェウスの窓」「おにいさまへ…」池田理代子
第9章
舞台は学園!! ~恋も友情もいつもここから~

©咲坂伊緒/集英社

青春時代を過ごす読者たちと同じ目線にたつ学園モノは、その共感度の高さからヒット作が生まれ続けています。90年代の2誌を代表する長編作品『花より男子』(神尾葉子)、『恋愛カタログ』(永田正実)を筆頭に、学校を舞台にしたあらゆる作品が一挙集結!男性教師との恋を描いた『先生!』(河原和音)や、友情シーンにもファンの多い『君に届け』(椎名軽穂)などをご覧頂きます。アニメ化&実写映画化も決定し、現役読者の支持を集める『アオハライド』(咲坂伊緒)にも注目。展示室全体は教室をイメージして演出されているので、学生気分でお楽しみいただける空間です。

原画展示作家
「花より男子」神尾葉子
「キッシ~ズ!」山田也
「まじめに!男女交際」桃伊いづみ
「先生!」「高校デビュー」河原和音
「恋愛カタログ」永田正実
「学校のおじかん」田島みみ
「彼までラブkm」原田妙子
「ラブ★コン」中原アヤ
「君に届け」椎名軽穂
「アオハライド」咲坂伊緒
「ハニー」目黒あむ
「ReReハロ」南塔子
「ヒロイン失格」幸田ももこ
「うそつきリリィ」小村あゆみ
第10章
マーガレット&別冊マーガレット、わたしたちの未来とともに

※展示物の画像はイメージです

最終展示室である第10章には、現役連載まんが家たちの手による創作展示「恋する屏風」が登場!大きなガラス面に、まんが家たちが連載中作品のイラストを描き下ろします。10枚のガラス絵が合作として連なることで、どんなコラボレーションが生まれるのか!?各作品のキャラクターが一同に会する展示物ならではの掛け合い、表情など、ここでしか見られない特別な企画展示ですので、是非ご期待ください。

「恋する屏風」を作画するまんが家は、あいだ夏波、アルコ、河原和音、咲坂伊緒、椎名軽穂、種村有菜、ななじ眺、八田鮎子、森下suu、やまもり三香の10名。原作の原画も展示いたします。

原画展示作家
「日々蝶々」森下suu
「ひるなかの流星」やまもり三香
「猫と私の金曜日」種村有菜
「あるいとう」ななじ眺
「圏外プリンセス」あいだ夏波
「青空エール」河原和音
「君に届け」椎名軽穂
「俺物語!!」アルコ・河原和音
「アオハライド」咲坂伊緒
「オオカミ少女と黒王子」八田鮎子